テスト

アクセス/周辺観光

アクセス


■自家用車・レンタカーでお越しのお客様

  • ■福岡方面

    福岡市「大宰府IC」より
    大分自動車道経由→日田IC→212→442→黒川温泉
    GoogleMapでルートを確認

    北九州市「小倉東IC」より
    東九州自動車道経由→九重IC→387→442→黒川温泉GoogleMapでルートを確認

    久留米市「久留米IC」より
    大分自動車道経由→日田IC→212→442→黒川温泉GoogleMapでルートを確認

  • ■熊本・大分・別府方面

    熊本市より
    国道57号線経由→ミルクロード→212→442→黒川温泉GoogleMapでルートを確認

    大分市より
    国道210号線経由→442→412→30→442→黒川温泉GoogleMapでルートを確認

    別府市「別府IC」より
    大分自動車道経由→九重IC→387→442→黒川温泉  GoogleMapでルートを確認

「ルート確認ボタン」の上に樹やしきまでのおすすめルートを掲載しております。
「ルート確認ボタン」検索はモバイルによりルート表示が違う場合がございます。

※12月~2月は寒波で路面が凍結する場合がありますので滑り止めが必要です。



■バスでお越しのお客様(飛行機・電車乗り継ぎ含む)

  • ■博多駅・福岡空港方面         

    福岡黒川高速バス →    時刻表/ご予約  

  • ■熊本駅・熊本空港・別府駅・由布院駅方面
                 

    九州横断バス →    時刻表/ご予約  

「黒川温泉バス停」までお迎えにあがりますのでバス予約後に到着時間をお知らせくださいませ。
バスの予約や予約変更・予約キャンセルなどのお問い合わせはバス会社へ直接お願いいたします。
JRの最寄駅「日田駅」「阿蘇駅」はバスへの乗り継ぎが困難なため直行バスをおすすめします。

※バス会社の諸事情により、上の「時刻表/ご予約」のページが表示できない場合がございます。

アクセスマップ



■黒川温泉は熊本県の阿蘇の北側に位置する自然豊かな温泉郷です。



周辺観光



  • 黒川温泉郷

    ZOOM IN

    27件の旅館と様々な商店からなる温泉街です。入湯手形を購入すれば3ヵ所の旅館の露天風呂を選んで巡ることができます。ぜひともお気に入りの露天風呂を探してみてください。また最近では健康ブームにのっとってウォーキングのコースも整備されてきています。

    【アクセス】  車 3分 徒歩 15分

  • 阿蘇山

    ZOOM IN

    通称”世界一のカルデラ”と呼ばれ熊本を観光で訪れるお客様のほとんどが足を運ぶスポットです。登っても良し、反対側の外輪山より眺めても良しとその雄大さはまさに唯一無二の名所です。 火口まで登山をご希望のお客様はその瞬間のガスの噴出量により登山の規制が変わるので要注意です。

    【アクセス】  車 50分(登山道)

  • 熊本城

    ZOOM IN

    名君”加藤清正”が築城した日本三大名城に数えられるお城です。武者返しの石垣から本丸御殿まで見所満載で見る人を飽きさせません。また街中のアーケードからも近く、観光と同時にショッピングも楽しめます。

    【アクセス】  車 120分

  • 鍋ケ滝

    ZOOM IN

    またの名を”菜々子滝”と言い、女優の松嶋菜々子さんがお茶のCMで訪れたことでも有名です。最大の魅力は徒歩で滝の裏側へ入れることです。多少足場に不安はありますが、個人的に都会の友人が訪ねてきた際には必ず連れて行く場所です。とにかくマイナスイオンがすごい!!

    【アクセス】  車 30分

  • 九重 夢の大吊橋

    ZOOM IN

    ちょうど黒川と由布院の間に位置し非常に立地に恵まれたスポットです。高さ173m、長さ390mの大きな橋でまさに日本一と言えるでしょう。橋の上からは日本の滝百選に選ばれた震動の滝をご覧いただけます。 高所が苦手な方は・・・とにかく紅葉の季節は嫌味なくらい最高です!!

    【アクセス】  車 40分

  • くじゅう 花公園

    ZOOM IN

    雄大な阿蘇山と久住連山を望みながら、ラベンダーやコスモスなど季節の花々を楽しめるくじゅう花公園。ここでは花の観賞だけでなく、摘み取り体験やミニ音楽会など自然とのふれあいに加えて来園者とのコミュニケーションを重視しながら運営されています。お子様連れのご家族様には是非とも足を運んでいただきたいスポットです。

    【アクセス】  車 20分

  • 高千穂峡

    ZOOM IN

    その昔、阿蘇の火山活動により噴出した火砕流が五ヶ瀬川の峡谷に流れ下り現在の形状を形成したとされる高千穂。その歴史を辿れば神話の時代における天孫降臨にもさかのぼるという。アクセスこそ少々難はあるものの一見の価値あり。

    【アクセス】  車 90~120分